11:46 2018年07月16日
オオカミがパリを襲撃?

オオカミがパリを襲撃?

© Sputnik / Iliya Pitalev
欧州
短縮 URL
0 72

専門家らの情報によると、パリをオオカミたちがうろついており、狼たちは足跡を残し、夜中になると遠吠えをあげている。複数の専門家グループは、オオカミがパリを襲撃していると主張している。デイリー・メール紙が報じた。

夜中になるとパリ郊外でもオオカミの遠吠えが聞こえるという。パリにはずいぶん前からキツネが生息している。そして今、町にオオカミが存在することでキツネたちは危険にさらされている。

オオカミは通常群れで狩りをするが、パリでは一匹狼も目撃されている。

先にオオカミは絶滅危惧種として指定され、そして今オオカミの個体数は増加し、パリにも住み着き始めた。

先に、海洋生物保護を掲げて活動を行なう団体「シーシェパード」は豪州海域で違法な捕鯨を行なっていた日本の船からミンククジラの死体が発見されたことを明らかにした。

関連:

獰猛なメスのサメがオスなしで出産
最近ちょうちょが消えていっているのはなぜ?学者が解明
タグ
科学, 動物, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント