12:25 2021年10月17日
欧州
短縮 URL
0 218
でフォローする

ウクライナのポロシェンコ大統領はドイツのBerliner Morgenрost氏のインタビューにてウクライナが北大西洋条約機構(NATO)加盟申請について国民投票を行いたいと声明した。

ポロシェンコ大統領は「[世論調査によると]四年目にウクライナ国民の16%がNATO加盟を支持したが、現在は54%になっている。大統領は国民の意見を配慮しないといけないものとして、NATO加盟申請に関する国民投票をすべきだ。ウクライナ人は賛成と投票したら、私は全力で北大西洋条約機構に加盟するように努力する」と化声明した。MIAロシア・セヴォードニャ通信が報じた。

関連:

NATO事務総長、ウクライナのドンバス地方での停戦を呼びかける
ストルテンベルグ事務総長:NATOとロシアはテロとの戦いで協力し合える
タグ
戦争・紛争・対立・外交, NATO, ペトロ・ポロシェンコ, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント