22:43 2018年09月26日

オランダ下院選開票開始、与党首位

© REUTERS / Yves Herman
欧州
短縮 URL
1311

選挙イヤーの欧州政治の風向きを占うオランダ下院(定数150)選は15日夜(日本時間16日未明)、開票が始まった。公共放送が伝えた出口調査では、ルッテ首相が率いる中道右派、自由民主党(VVD)が第1党の勢い。台風の目となった極右、自由党(PVV)は伸び悩み、他の2党と2位を争っている。共同通信が報じた。

PVVが勝利すれば、4~5月のフランス大統領選や9月のドイツ連邦議会選に挑む極右やポピュリズム(大衆迎合主義)政党に追い風となるため、今回の下院選は欧州内外で注目されていた。

選挙戦では、VVDとPVVが激しく首位を争った。PVVは支持率で一時独走したが、ウィルダース党首が連帯感を示していたトランプ米大統領による米国政治の混乱などを受け、終盤は失速気味だった。

タグ
オランダ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント