12:18 2018年06月19日
ヒトラーの死の新たな詳細が明らかに

ヒトラーの死の新たな詳細が明らかに

© AP Photo /
欧州
短縮 URL
4529

ヒトラーの元護衛、ローフス・ミシュ氏が自著『ヒトラーの死を見とどけた男 地下壕最後の生き残りの証言』で、ヒトラーの自殺について語った。英紙サンが報じた。英語版がまず出版された本で、ヒットラーとその妻エヴァ・ブラウンの自殺を見届けたミシュ氏は、地下壕に入った時に見たものを語った。

スプートニク日本

「私の視線はまずエヴァに落ちた。彼女は脚を伸ばし、ヒトラーの方に頭を傾けながら座っていた。彼女のパンプスはソファのしたにあった。彼女の横にはヒトラーの死体があった。彼の目は開いており、頭はやや前に倒れていた」と本にはある。

ミシュ氏は1940年から1945年5月の戦争終結に至るまで地下壕で、ヒトラーの文書運搬人と電話交換手を務めていた。ヒトラーが自身の頭を撃ち抜き、妻のブラウンを毒殺した時、ミシュ氏は隣の部屋にいて、最初に彼らの死体を見た人間となった。

先の報道では、イタリアの町サロで、『狂気の美術館』展覧会が開かれた。展覧会ではドイツ第三帝国のアドルフ・ヒトラーによる絵画などが展示されている

タグ
アドルフ・ヒトラー, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント