14:05 2017年06月23日
東京+ 28°C
モスクワ+ 10°C
    パリ銃撃テロ 容疑者の身分が明確、写真が公開

    パリ銃撃テロ 容疑者の身分が明確、写真が公開【写真】

    © Sputnik/ Irina Kalashnikova
    欧州
    短縮 URL
    0 39402

    21日、フランス検察当局者がパリ中心部シャンゼリゼ通りの警官銃撃テロの容疑者はパリ郊外生まれのカリム・シュルフィー容疑者(39)と明らかにした。「ダーイシュ(IS,イスラム国)」に関連が有無などのことが捜査中。多数のメディアが容疑者の写真を公開した。

    スプートニク日本

    20日の夜、ダーイシュが「実行犯はベルギー人のアブ・ユセフで、ダーイシュの戦士だ」という声明を発表したことを受け、フランス検察当局が同一人物かどうかを捜査した。AFP通信が報じたところによると、ベルぎー当局に指名手配された男性が尋問されたが、警官銃撃テロに無関係ということが分った。

    共同通信によると、シュルフィー容疑者はパリ東郊リブリー・ガルガン生まれ。2005年、警官ら3人に対する殺人未遂罪で禁錮15年の有罪判決を受け服役したが、15年に釈放された。

    先の報道によれば、シャンゼリゼでは20日夜、銃撃が発生。確認された情報によれば、これによって警官1人が死亡、2人が負傷した。犯人はその場で警察により殲滅されたものの、共犯者は逃亡。おそらく潜伏しているものとみられている。

    仏警察現段階では事件についてはあらゆる説を考慮しており、パリ検察のテロ対策部が捜査に乗り出している。

    タグ
    テロ事件, 事件, テロ, フランス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント