17:40 2017年08月21日
東京+ 31°C
モスクワ+ 25°C
    マクロン大統領とプーチン大統領

    マクロン大統領、プーチン大統領と会談「ロシアと対話せずに重要な問題に取り組んではならない」、会談の結果

    © AFP 2017/ Stephane De Sakutin
    欧州
    短縮 URL
    0 1024141

    仏ベルサイユ宮殿で、ロシアのプーチン大統領とフランスのマクロン大統領の記者会見が終了した。マクロン大統領は記者会見で、ロシアと対話せずに重要な問題に取り組んではならないと述べた。 またマクロン大統領は、会談ではプーチン大統領と2国間関係、シリア、そしてウクライナについて議論したと伝えた。会談は2時間を予定していたが、2時間50分に及び、メディア抜きの非公開形式で行われた。

    スプートニク日本

    ウクライナ情勢について

    マクロン大統領は、プーチン大統領とミンスク合意の履行について議論したと指摘した。マクロン大統領は、「ノルマンディー形式」での対話を早急に行う必要性に確信を表した。

    シリア情勢について

    マクロン大統領によると、国の平和を取り戻す助けとなる政治的解決策を見つける必要がある。マクロン氏は、フランスは化学兵器の使用におけるシリアの「レッドライン」を目にしていると述べた。

    チェチェンの性的少数者について

    マクロン大統領は、プーチン大統領とチェチェンの性的少数者に関する状況についても議論したと語った。マクロン氏は、両首脳がフランス・ロシア市民社会フォーラムを開催し、共同でロシアにおける性的少数者の状況を監視することで合意したと伝えた。

    また、マクロン氏は、フランスはロシアとの協力強化に関心があると強調した。

    プーチン大統領は何を話したのか?

    プーチン大統領は、首脳会談ではロシアとフランスの2国間関係が焦点となり、両氏は「世界における問題のあるスポットについて話し合い、アプローチの共通点を見つけることを試みた」と指摘した。

    また、プーチン大統領は、フランスはロシアとの経済協力の拡大に関心を持っていると強調したほか、さらに大勢のロシアの大学生がフランスで勉強するべきだとし、青少年交流を拡大する必要があるとの見方を表した。

    プーチン大統領はまた、会談では朝鮮半島の核問題や、その解決策についても議論されたと述べた。

    マクロン大統領は「これは初めての意見交換だった。私は、非常にオープンで率直な会談になったのではないかと思っており、我々は互いに多くのことを述べた。私は、我々がお互いに全てを話したと思っている」と述べた。

    危機社会研究センターのフランスに関する専門家、アレクサンドル・ヴェルシニン氏は今回の会談について、フランスが、オランド前大統領のスキャンダラスな行動による不快な印象を拭い去ろうとしていることを物語っているとの見方を示している。

    タグ
    訪問, エマニュエル・マクロン, ウラジーミル・プーチン, EU, フランス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント