09:17 2018年09月19日
スノーデン氏(アーカイブ)

スノーデン氏、メイ首相の与党が過半数割れした理由を語る

© Youtube/Amnesty International UK (screenshot)
欧州
短縮 URL
3353

メイ首相が率いる英与党・保守党の過半数割れは、人権の制限に向けられたキャンペーンが近視眼的であることを証明している。国家安全保障局(NSA)と中央情報局(CIA)の元職員スノーデン氏がそのような見解を示した。

スプートニク日本

スノーデン氏はツイッターに、「まだ確認はされてないが、早期の報告は、英国における人権終了プラットフォームに関するメイ首相のキャンペーンがあまり賢明ではなかったと示唆している」と書き込んだ。

​スノーデン氏は以前、メイ首相が英国の情報機関の権限を拡大する法案を提出したことを受けて「スター・ウォーズ」の悪役ダースベイダーに喩えて非難した。スノーデン氏は同法案を、「西側世界で提出されたどんな法案よりも先を行く、完全な人権侵害」と呼んだ。

タグ
人権問題, テロ, インターネット, 選挙, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント