11:08 2017年10月24日
東京+ 16°C
モスクワ-1°C
    米ステルス爆撃機B-2

    米ステルス爆撃機B-2が英に到着 「定期的な抑制作戦参加に」【写真】

    © AFP 2017/ DOD
    欧州
    短縮 URL
    1106933

    在欧米空軍は、米国のステルス戦略爆撃機「B-2」が定期的な作戦に参加するため英国に配備されたと発表した。

    スプートニク日本

    米国防省は、B-2が展開されたのは英フェアフォード空軍基地で、「定期的な抑制作戦参加のため」だと発表した。

    「B-2爆撃機はバルトップスやセイバーストライクといった軍事演習には参加せず、『短い期間』英国に配備される」ということだ。

    米国は2014年、「ロシアの攻撃的な行動」に対抗して欧州安心供与イニシアティブ (European Reassurance Initiative) を発足。同イニシアティブは「欧州の同盟国への安全保障」のためのもので、ロシア国境付近での北大西洋条約機構(NATO)軍の追加展開という形で実現される。

    ​この前、米MDは、ロシアの最新ミサイルの前では時代遅れに見えると発表された

    タグ
    航空, 軍事演習, 軍事, NATO, アメリカ軍, EU, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント