13:20 2018年10月17日
英国、Brexit

英国、Brexit後にEUからの高齢移民受け入れ拒否の方針

© 写真 : pixabay
欧州
短縮 URL
126

英国のEU離脱(Brexit)後に政府はEU諸国からの30歳までの移民に、2年の就労ビザを発行する予定だ。英紙テレグラフ移民行に関する諮問委員会の報告書を基に報じた。

スプートニク日本

報告書によると、独立委員会の専門家はオーストラリアやニュージーランド、カナダの例に倣い、18歳から30歳までの移民に優先的なステータスを与えるよう英政府に提言している。

報告書には「これに対する一連の理由が存在する。若い移民はこの先長い労働年があるため、国家歳入に肯定的な貢献をもたらす可能性が大きい。そして彼らはどうかに成功する確率が高いとみられる」とある。

これより前、英国のジョンソン外相は、英国はEU離脱(Brexit)後にアジア太平洋地域でより大きな役割を担う計画であり、必要であれば地域に英軍を配備する用意もあると表明した。また、英国は、航行の自由を確保するために最新空母2隻を南シナ海へ派遣する計画があると27日、オーストラリアを訪問中のジョンソン英外相が、シドニーで開いた記者会見で発表した。

タグ
移民, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント