14:17 2018年05月28日
東京+ 23°C
モスクワ+ 12°C
    カタルーニャ州首相

    カタルーニャ州首相、州議会選挙についての演説を中止

    © REUTERS / Ivan Alvarado
    欧州
    短縮 URL
    カタルーニャ州独立を問う住民投票 (47)
    101

    スペイン・カタルーニャ州のプチデモン首相は、州議会の早期解散と議会選挙の前倒しについて声明を出すと見られていた演説を取りやめた。州政府が明らかにした。

    スプートニク日本

    これに先立ちスペインのメディアは、プチデモン州首相が州議会の早期解散と12月20日の選挙について声明を出す可能性があると報じていた。

    当初は地元時間13字30分(日本時間19字30分)を予定していたが、その後1時間延期した。しかし結局、カタルーニャ州政府は、演説が中止になったと発表した。

    プチデモン州政府が今日にもカタルーニャ州議会で演説する可能性は除外されない。会議は17時に始まる。

    スペイン政府は21日、緊急閣僚会議を開き、カタルーニャ危機解決のため憲法155条の適用を決定した。自治権の一部停止、プチデモン州首相など州政府幹部の解任のほか、6ヶ月以内に州議会を早期解散する措置を提案。選挙までカタルーニャ州政府の機能は中央政府が担うという。27日のスペイン上院の本会議でこの措置が可決されれば実行される。

    プチデモン州首相はこの決定をカタルーニャへの「侮辱」であり民主主義への攻撃だと呼んで、26日に州議会を招集して対応を決めると述べた。

    トピック
    カタルーニャ州独立を問う住民投票 (47)
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント