22:27 2018年10月16日
アサンジ氏

ロンドン裁判所、アサンジ氏の逮捕状取り下げの可能性

© REUTERS / Peter Nicholls
欧州
短縮 URL
0 111

内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ氏の弁護団はスウェーデン検察が以前捜査を打ち切ったことを理由に、英国の裁判所にも逮捕状の取り下げを求めた。「Sky news」によると、裁判所は2月6日に決定すると見られる。

スプートニク日本

アサンジ氏の弁護士はウェストミンスターの治安判事裁判所で「逮捕状はその意味と機能を失った」と述べた。

アサンジ氏の逮捕状撤回に関する公聴会は26日10時に始まったが、今日中に決定は出されない。英検察は先に、逮捕状が取り下げられた場合、アサンジ氏は数年間滞在しているエクアドル大使館をすぐにでも後にできると想定されると認めた。検察の報道担当者は、スウェーデンがアサンジ氏の引渡し要請の取り下げを認めたため、アサンジ氏の弁護士が現在、逮捕状の撤回を求めていると説明した。

関連ニュース

アサンジ氏、大使館長期滞在で健康悪化か

アサンジ氏、エクアドル国籍を取得

タグ
ジュリアン・アサンジ, 英国, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント