18:37 2018年10月15日
エリザベス女王

エリザベス女王暗殺計画が明らかに

© REUTERS / Toby Melville
欧州
短縮 URL
0 44

当時17歳の少年が1981年、英エリザベス女王の殺害を試みた。ニュージーランド保安情報局の機密情報で明らかになった。英紙タイムズが報じた。

スプートニク日本

機密解除された文書によると、1981年10月14日、クリストファー・ルイス元受刑者はエリザベス女王がニュージーランド訪問の際に暗殺を試みたが失敗した。警察は当初、隠蔽を試みたという。

1997年になってようやく、情報局の文書には「ルイスは実際に女王殺害を当初計画していたが、適した発砲ポイントと遠距離射撃に十分な威力のライフルがなかった」と書かれている。

暗殺を試みたルイス元受刑者には違法な武器所有と発砲の容疑がかけられた。それ以前にも彼は共犯者とともに強盗と武装強盗で逮捕されていた。1995年まで服役したが、出所後も要観察処分を受けていた。2年後、女性の殺害とその子供の誘拐に対する判決を待っている間、獄中で自殺した。

タグ
歴史, 事件, 機密情報, エリザベス2世, 欧州, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント