21:36 2018年12月19日
ハンドスピナー

ハンドスピナー EUの危険商品リスト入り

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
欧州
短縮 URL
0 30

ハンドスピナーがEUの指定する2017年の危険商品リストに入れられた。ハンドスピナーの入った2017年の危険商品リストのレポートは、消費者に危害を及ぼす危険性についてのEUの速報システムに掲載されている。

スプートニク日本

レポートにはハンドスピナーは、特にライトが付くタイプのものが児童に危険。光るハンドスピナーのボタン電池を飲み込んだ場合、食道、腸が火傷する恐れがあるほか、細かなパーツが簡単に取り外しがきくタイプも恐い。

ロシアでハンドスピナーによる怪我の報告例は今までに2例あり、最初のケースは10歳の児童が角膜全体が剥がれ落ちてしまい、水晶体を除去する事態にまで発展した。
もう1件は指が抜けなくなったケースで、指がむくみ、外すのにレスキューの助けを借りた。

関連ニュース

ハンドスピナー ひとつ間違えるとこんなに危険 米国消費者製品安全委員会が警告

ハンドスピナーをしっぽで回す日本の猫の器用さに世界が驚く

日本で長く回り続ける最強の「ハンドスピナー」が開発される 【写真・動画】

タグ
欧州
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント