17:57 2018年11月21日
欧州委員会のカタイネン副委員長

欧州委員会、2050年までに海には魚よりもプラスチックの方が多くなると危惧

© AFP 2018 / Loisa Gouliamaki
欧州
短縮 URL
133

欧州委員会のカタイネン副委員長は、ミラノで開催された会議で、プラスチックごみの拡散を防ぐための行動を何も起こさなければ、2050年までに海には魚よりもプラスチックの方が多くなると指摘した。

スプートニク日本

カタイネン氏は、先に欧州委員会がプラスチック戦略を発表したことに言及した。欧州委員会は、プラスチック使用量の削減を目指しており、そこにはプラスチックごみによる海洋汚染も含まれている。カタイネン氏は、これは魚や海洋生物だけでなく、人間にとっても深刻な問題だと述べた。

カタイネン氏は、プラスチックが変形して魚のえさに入り込み、結果的に人間の食べ物に含まれて健康問題を引き起こす恐れがあると説明した。

同氏は「もし何も起こらなければ、2050年に海には魚よりもプラスチックの方が多くなる。そのため、我々は何かをしなければならない」と述べた。EU全体で適用するための法案を作成している欧州委員会は、2030年までにプラスチック包装をすべて再生利用可能なものとすることを目指している。

カタイネン氏は「今(の状況)はそうではない」と確認した。

関連ニュース

タグ
環境, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント