03:43 2018年05月26日
東京+ 20°C
モスクワ+ 18°C
    米空軍基地「ケプラヴィーク」【アーカイブ写真】

    米、冷戦時代の軍事基地を再開

    © 写真: U.S. Air Force
    欧州
    短縮 URL
    1011

    アイスランドにある米空軍基地「ケプラヴィーク」が、12年間の中断の後に再開された。北大西洋におけるロシア潜水艦の活動が理由とみられる。

    スプートニク日本

    欧州での米国の存在を強化する2014年の計画「The European Reassurance Initiative」の一環として、アイスランドのインフラ施設への米・北大西洋条約機構(NATO)軍によるアクセスを認可する合意に、米・アイスランド両政府が署名した。

    ケプラヴィークには冷戦時代、ソ連の潜水艦を追跡するために3千人を超える米兵が駐留していた。 その後、基地は閉鎖され、兵士らは米国に帰国。今回、海上からの追跡が再開された。 基地の格納庫再建には1440万ドルが割り当てられる予定で、基地には対潜水艦戦を目的とした米軍機、P8「ポセイドン」が配備される可能性がある。

    関連ニュース

    中国がバヌアツに軍事基地建設を計画 マスコミ報道

    横田基地にオスプレイ前倒し配備「騙し討ち」「米国の思惑通り」の声

    タグ
    軍事, 軍事基地, 武器・兵器, アイスランド, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント