18:12 2018年08月17日
英国最新のフリゲート艦におよそ100か所の故障が発見

英国最新のフリゲート艦におよそ100か所の故障が発見

© 写真: 2018 BAE Systems
欧州
短縮 URL
0 70

英国海軍の最新鋭フリゲートのフォースに100か所にも上る故障が見つかった。英タブロイド紙のデイリー・エクスプレスが英国防省内の消息筋からの情報として報じた。

スプートニク日本

故障個所が見つかったのはフォースを軍備に加えたわずか数日後に行われた内部の点検作業時。デイリー・エクスプレス紙は、こうした艦艇の造船費用は1隻3億4800万ポンド(およそ51億円)にも上ると指摘している。

ロシア、唯一の空母を改修に出す
© Sputnik / Alexander Yakovlev
造船を行ったBAEシステムズの説明では、問題は電気系統およびボルトねじに関係したもので、同社公式的な代表いわく「問題は個々のもので相互に関連したものではなく、現在、問題発生の原因と結果を探るため、調査が行われている。」

現在、船はポーツマスで修理中。修理にはおよそ2週間が要される。

関連ニュース

約41億ドルの英国の新空母 就航後まもなく漏れが見つかる

露海軍 新たな空母建造へ

タグ
武器・兵器, 軍事, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント