14:57 2018年12月11日
メルケル氏

メルケル氏はトランプ氏からリベラルな国際秩序を守るため首相を続投=NYタイムズ

© Sputnik / Alex Panzicov
欧州
短縮 URL
358

ドイツのメルケル首相が4期目続投を決めたのは、トランプ米大統領が2016年米大統領選挙で当選して、リベラルな国際秩序を守る必要を認識したから。ニューヨーク・タイムズがオバマ前米大統領の副補佐官だったベン・ローズ氏による回顧録を基に報じた。

スプートニク日本

ローズ氏の本『The World as It Is』は6月5日に発売される。本はオバマ政権時のホワイトハウスに関する回顧録となっている。

ニューヨーク・タイムズが引用する本の一部ではメルケル氏とオバマ氏の会話について書かれている。そこでメルケル氏はトランプ氏の当選後、「リベラルな国際秩序を守るため、続投する義務をより強く感じた」旨を伝えた。

関連ニュース

メルケル首相が懸念 米国の制裁発動で欧州各社はイランからの事業撤退へ

政党「ドイツのための選択肢」、メルケル氏を提訴

タグ
ドナルド・トランプ, アンゲラ・メルケル, ドイツ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント