06:39 2018年10月24日
ASCOD中型主力戦車

アジア諸国向け新型中戦車、欧州でお披露目

© 写真: Mario Traar/Press service of General Dynamics European Land Systems
欧州
短縮 URL
126

欧州防衛企業「ジェネラル・ダイナミクス・ユーロピアン・ランドシステム(GDELS)」は新しいASCOD中型主力戦車(MMBT)を、フランスで開かれた防衛展示会「ユーロサトリ2018」で展示した。

スプートニク日本

戦車の重さは42トン。

「ASCOD MMBT」は120mm滑腔砲、7.62mm口径機関銃2本、塔の屋根に設置された12.7mm口径の遠隔制御機関銃を装備する。

GDELS社によると、比較的軽量な車両は極東の購入者にとって魅力的だ。アジアにおいてこうした車両は、重さ60トンをしばしば超える通常の主力戦車より適していると同社は指摘する。

関連ニュース

ナショナル・インタレスト誌 露「ターミネーター」は「米の最も殺人的な兵器を破壊」可能に

ナショナル・インタレスト誌 仮に衝突した場合のロシアと米国の戦車の性能を比較

タグ
軍事, 武器・兵器, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント