11:43 2018年09月24日
F35戦闘機

伊、F35戦闘機の今後調達を断念

© Flickr / Gonzalo Alonso
欧州
短縮 URL
1184

北大西洋条約機構(NATO)の同盟国と共同でイタリアが製造している「F35」戦闘機について、同国が今後の調達を断念すると、同国のトレンタ国防相が述べた。

スプートニク日本

トレンタ国防相によると、現在の情勢のもとでは、技術的諸問題と労働力不足に関連して戦闘機製造計画を縮小することは追徴金の原因となるため、調達を打ち切る決定が政府によって承認された。

トレンタ国防相は6日、テレビチャンネル「La7」の放送で、「我々が行っている分析に基づくと、(計画の)縮小は維持よりも高額の費用がかかる。我々はこれ以上、F35を調達しない」と述べた。

  • F35戦闘機
    F35戦闘機
    © 写真 : Public Domain
  • F35戦闘機
    F35戦闘機
    © AP Photo / LM Ottero
  • F35戦闘機
    F35戦闘機
1 / 3
© 写真 : Public Domain
F35戦闘機

イタリアメディアの情報では、同国空軍には既に10機が納入されている。F35を製造・調達する長期計画では90機の予定とされており、そのうち8機については、前政権の活動終了前の4月に既に発注されていた。

関連ニュース

ロシアの第5世代戦闘機シリアで実戦テストを通過

トルコ大統領F-35供給禁止の回避をトランプ氏に呼び掛け

タグ
軍事, 武器・兵器, アメリカ軍, 米国, イタリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント