19:05 2018年09月19日
ドイツの旗

ドイツ政府 第3の性を法律で承認

© Flickr/ Trine Juel
欧州
短縮 URL
0 46

独内務省はツイッターを通じ、8月15日、ドイツ政府が公官庁が保管する個人の出生証明に第3の性を明記する決定を行ったことを明らかにした。

スプートニク日本

独内務省によると、法律に加筆された修正条項によれば、男女の2つの性の他に「別の」性が加えられる。これは出生の段階から男女の両性を示す兆候が見られる「インターセックス(中間的な性)」の市民のために設けられたもの。

2017年11月、独ライプツィガーフォルクスツァイトゥン紙が報じたところによれば、ドイツには現在、自らをインターセックスと認識したり、男女のうち1つだけの性に属しているとは思えない市民が8万人から10万人存在する。

世界では豪州、カナダ、インドなど、国家が公式的に第3の性を認めているケースが複数ある。

タグ
ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント