06:14 2018年11月17日
Brexit

EUの英離脱担当の交渉官ら 英情報機関による盗聴を危惧

© Sputnik / Alexey Filippov
欧州
短縮 URL
0 11

欧州連合(EU)からの英国の離脱に関する交渉でEU側を代表する欧州の外交官らが、英情報機関から盗聴されている危険性を感じている。デイリー・テレグラフ紙が複数の消息筋からの情報として伝えている。

スプートニク日本

懸念を引き起こしたのは、EU離脱後もEUの単一市場に残留するとした英国の計画を激しく批判する文書の提出。外交官らの話によると、この文書提出について英政府が知ったのが、ブリュッセルにあるEU機関ほぼ同時だった。一方で、この情報は機密性を帯びており、英国側の手に渡ることは想定されていなかった。これに対し英政府は「口の軽い」EU官僚の間では、特殊な手段に頼らずとも必要な情報を見出すことは容易であると言明している。

デイリー・テレグラフ紙は英国側もEUが機密情報に不法にアクセスしているのではないかと危険視していると報じている。同記事の筆者によれば、デヴィッド・デヴィス前EU離脱担当大臣は交渉の席にはX線を通さないスーツケースを携えて来ていた他、ハッキングを恐れ、自分のApple製の腕時計をアナログタイプのものに替えていた。

関連ニュース

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 機密情報, ハッカー, 英国, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント