15:48 2018年10月22日
ルペン党首

裁判所、仏「国民連合」ルペン党首に精神鑑定を命令

© AFP 2018 / Charly Triballeau
欧州
短縮 URL
1312

フランスの裁判所が、国民連合(RN、旧「国民戦線」)のルペン党首に対し、精神鑑定を受けるよう義務づけたと、ルペン党首がツイッターで明らかにした。

スプートニク日本

ルペン党首が2015年、「ダーイシュ(IS、イスラム国)」のテロリストらによって殺害された人々の処刑の様子を写した写真3枚を公表したことで開始された審理の一環として、裁判官がこのような決定を下した。

ルペン党首自身は、精神科医のもとに自らが送られたのは、テロリストらの活動を自らが非難したからだと述べ、「BFM TV」とのインタビューでは、精神鑑定を受けることを拒否すると発言している。

関連ニュース

タグ
びっくり, ダーイシュ, 裁判所, テロ, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント