18:38 2018年12月16日
ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領

ウクライナ大統領、NATO事務総長と会談へ アゾフ海情勢巡り協議

© Sputnik / President of the Ukraine Press-Service
欧州
短縮 URL
0 27

ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領は25日、アゾフ海情勢および同国における戒厳令の布告について、26日朝にも北大西洋条約機構(NATO)のイェンス・ストルテンベルグ事務総長と会談を行う意向であると明らかにした。

スプートニク日本

ウクライナ海軍船3隻がロシア国境を超えた
© 写真 : Border Service of the Federal Security Service of the Russian Federation in Crimea
ポロシェンコ大統領はウクライナ国家安全保障・国防会議で「すべての親ウクライナ派勢力に告ぐ。われわれは力を合わせなければならない。私はNATOのストルテンベルグ事務総長と明朝(26日朝)に会談を行うよう要請した。この会談は確実に行われる。また、明日(26日)にはその他首脳らとも協議を行う意向だ」と述べた。

ウクライナ国家安全保障・国防会議は26日の会合で、国内全域における60日間の戒厳令を布告する方針を決めた。戒厳令の布告にはヴェルホーヴナ・ラーダ(ウクライナ最高会議)の承認が必要になる。

関連ニュース

ウクライナ大統領 ロシアとの友好条約を破棄する大統領令に署名

ロシアがアゾフ海を「占領」? ウクライナ大統領の主張に露下院議員が反論

タグ
軍事, NATO, ペトロ・ポロシェンコ, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント