17:07 2018年12月15日
欧州議会のタイヤーニ議長

欧州議会議長、自らの目の下に「赤い傷跡」を描いた目的を説明【動画】

© AP Photo / Olivier Matthys
欧州
短縮 URL
0 40

欧州議会のタイヤーニ議長が記者らを前に、口紅を使って自らの目の下に「傷跡」を描いた。「女性に対する暴力撤廃の国際デー」である25日に合わせてイタリアで始まったキャンペーンに対し、自らの支持を表明するためだ。ガーディアン紙が伝えている。

スプートニク日本

タイヤーニ議長は、16日間にわたる同キャンペーンの開始に際して、「これ(女性に対する暴力)がありふれているということは、正常なことではない。私は、女性に対する暴力と闘うために私の国で開始されたキャンペーンを支持する」と述べた。同キャンペーンには、クリスティアーノ・ロナウド選手を含む有名サッカー選手らも参加している。

国連のデータによると、世界の女性の3分の1が性的・肉体的暴力の被害を受けており、10人に1人の少女が強姦・性的暴行の被害を受けているという。

関連ニュース

タグ
調査, びっくり, 国連, 欧州連合, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント