19:34 2018年12月15日
欧州委員会のミゲル・アリアス・カニェテ委員(エネルギー担当)(アーカイブ写真)

EU、米制裁にもかかわらず平和目的の原子力分野でのイランとの協力継続へ

© Flickr/ La Moncloa Gobierno de España
欧州
短縮 URL
271

欧州連合(EU)は、イランの核計画に関する現行の合意への代替案を見出していないと、欧州委員会のミゲル・アリアス・カニェテ委員(エネルギー担当)が述べた。イランの副大統領で同国の原子力庁長官も務めるアリ・アクバル・サレヒ氏とブリュッセルで会談した結果に基づいて語った。

スプートニク日本

委員が指摘したところでは、イランに関する合意は「欧州と世界の安全保障を確保する中で最も重要な役割を果たしている」という。

委員は、「イランが現在、IAEA(国際原子力機関)による13件の報告に従って行っているように、イランが合意を履行している間は、EUはこの合意の実行に忠実なままだ」と付け加えた。

トランプ米大統領は5月、2015年のイラン核合意からの離脱と、同国に対する制裁の再開を発表。フランス、英国、ドイツ、中国、ロシアはこの措置を非難し、同合意を維持していく意向を表明している。

先に、米国の対イラン制裁発動を受けて、国連人権理事会の一方的強制措置が人権享有に及ぼす悪影響に関する特別報告者のイドリス・ジャザイリ氏は、1国の貿易の完全阻止を狙った国際制裁は、民間人に対する経済戦争だと述べた。

タグ
原子力, 制裁, IAEA, 欧州連合, イラン, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント