00:33 2019年07月20日
ゴーン容疑者(アーカイブ写真)

フランス政府は、ルノー会長ゴーン容疑者の後継者を選んでいる

© REUTERS / Philippe Wojazer
欧州
短縮 URL
日産ゴーン事件 (46)
113

フランス政府は、自動車大手ルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるカルロス・ゴーン容疑者の後継者を選んでいる。13日、ロイター通信が3人の消息筋の話をもとに報じた。

スプートニク日本

ロイターによると、1人の消息筋は「公式なものは何もないが、政府は候補者の選定作業を進めている」と伝えた。

別の消息筋は、トヨタ自動車のディディエ・ルロワ副社長も候補に挙がる可能性があると語った。

ロイターによると、フランス政府はルノー株115%を持つ筆頭株主で、人事に大きな影響力を持っている。

13日、ルノーの取締役会は、ゴーン容疑者の留任を決めた。

取締役会では、「予備的な結論によると、ルノーの会長兼CEOの報酬と、それらが承認された際の条件は準拠法に適合していた」と指摘された。

ロイターの消息筋によると、複数の取締役はゴーン容疑者の留任に極めて否定的な反応を示したという。

関連ニュース

日産、新型リーフの発表を延期 ゴーン前会長の逮捕で

トピック
日産ゴーン事件 (46)
タグ
カルロス・ゴーン, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント