18:13 2019年02月22日
欧州連合理事会(アーカイブ写真)

EU大使ら 「ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)」の将校4名に対する制裁発動で合意

© Sputnik / Alexey Vitvitsky
欧州
短縮 URL
スクリパリ氏服毒事件 (121)
1210

EU大使らは16日、「ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)」の将校4名を化学兵器リストに加えることで合意した。このうち2名はソールズベリー事件を理由としたもので、さらにシリアの個人5名もリストに加えられた。16日、EU内の消息筋が明らかにした。

スプートニク日本

消息筋は「外交筋の代表らが今日、制裁リストにGRUの4名の職員を加えることで合意した。そのうち2名はソールズベリー事件が理由となっている」と語っている。

消息筋はさらに、制裁リストにはシリア国籍の市民5名も入れられたことを明らかにしたが、その他の詳細ははっきりしていない。消息筋によれば、リストの最終決定は週明けの21日月曜のEUの欧州外交評議会で採られるものとみられている。

ソールズベリーの事件を機に頻繁に目につくようになったGRUという名称は、日本語では「ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)」と表記されるのが通例だが、GRU自体は実はソ連時代の「主要情報機関」を指すもので、すでにこの組織は存在しておらず、1992年以降は「ロシア軍参謀本部情報総局」の名称に切り替わっている。ところが昨今の西側諸国の公式書類上には、ロシア軍部の対外諜報活動に関連した場面でソ連旧組織を指すGRUの名称が使用されている。

3月4日、英南西部ソールズベリーでスクリパリ氏と娘のユリアさんが何らかの物質の中毒により重体の状態で病院に搬送された。なおロシアでスクリパリ氏はスパイ行為で有罪判決を受けている。英国は襲撃事件にはロシアが関与していると主張しているが、未だにその証拠が提示されていない。

同事件に関連し、英国のメイ首相はロシア外交官23人の1週間以内の国外追放や、ハイレベルでの2国間コンタクトの凍結などを含むロシアに対する一連の措置を発表した。

これを受けてロシア外務省は英国大使館職員23人の国外退去処分、また在サンクトペテルブルク英総領事館の閉鎖や、その地位の曖昧さに関連して英国の機関「ブリティッシュ・カウンシル」の活動停止を通告した。

ロシアは同事件への関与を断じて否定し、英国の非難を証拠のない挑発だと指摘している。

トピック
スクリパリ氏服毒事件 (121)
タグ
戦争・紛争・対立・外交, 情報戦, 制裁, 欧州, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント