07:49 2019年06月25日
フランスのパルリ国防相とドイツのフォンデアライエン国防相 【アーカイブ写真】

独仏、次世代戦闘機開発を契約

© REUTERS / Benoit Tessier
欧州
短縮 URL
0 30

フランスのパルリ国防相とドイツのフォンデアライエン国防相は、次世代戦闘機開発契約を締結した。契約額は6500万ユーロ(約80億8800万円)。仏紙ル・フィガロが報じた。

スプートニク日本

独仏国防相は6日、仏Safran社の広場で「未来の空中戦闘システム(SCAF)」を発進させた。このプロジェクトにより、両国は包括的システムを形成する新型戦闘機と無人航空機を配備する計画だ。

共同開発の交渉は2017年から続いていた。

関連ニュース

揚陸艦「アメリカ」の日本配備、アジア太平洋地域での新たな軍拡競争開始が目的なのか

ドイツ、米F35戦闘機の調達を中止

タグ
戦闘機, 飛行機, 軍事, ドイツ, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント