11:24 2019年05月26日
ボロネーゼ

イタリアのボローニャ市長 「スパゲッティ・ボロネーゼ」との闘いを開始

CC0 / Pixabay
欧州
短縮 URL
0 50

イタリアで料理にまつわるスキャンダルが巻き起こった。事はボローニャ市長が「スパゲッティ・ボロネーゼ」に対する批判的な対場を表明し、この料理がボローニャ発案ではないことを公にしたことから始まった。

スプートニク日本

ボローニャのビルジーノ・メローラ市長は、「ボローニャ発祥の料理は、タリアテッレトルテリーニ、ラザニアであることをむしろ知ってほしい」と語った。

実は、1982年にイタリア料理アカデミーは、公式に「ラグー・ボロネーゼ」と名づけられた料理を登録しており、それは伝統的にタリアテッレにソースがかかった料理で、スパゲッティは使用されていない。

メローラ市長は、SNSでフラッシュモブの発信も行い、世界中にあまりに知れ渡ってしまった「フェイク・スパゲティ」の「スパゲッティ・ボロネーゼ」の写真を拡散するようフォロワーに依頼している。

関連ニュース

タグ
おもしろい, エンタメ, びっくり, イタリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント