18:15 2019年04月22日
仏フロランス・パルリ国防相

仏が反対を表明 NATO枠内で米国からの無条件の武器調達

© AFP 2019 / Bertrand Guay
欧州
短縮 URL
80

仏フロランス・パルリ国防相は、トランプ大統領が要請するように、米国が自国の武器の独占的な購入を押し付けるならば、欧州各国は、北大西洋条約機構(NATO)への「貢献の強化」はできないだろうと語った。

スプートニク日本

米国ワシントンへの公式訪問に際し、3月18日に開催された「北大西洋理事会」でパルリ国防相は、自治権は「友情の変種」 であるため、「欧州の自治を恐れる必要はない」 と米国に要請した。同大臣は、「 NATOの集団防衛条項は第5条であり、F― 35戦闘機は条項ではない。同盟関係は、 いかなる条件にも依存するべきではない。そうでなければそれは同盟ではない」と語った。

米国の圧力に対してフランスが発言するのは、これがはじめてではない。昨年9月にパルリ国防相は、情報・ 軍事技術における米国への依存を下げる必要性について語っている。

関連ニュース

タグ
軍事, びっくり, 戦争・紛争・対立・外交, NATO, トランプ, フランス, 米国