03:29 2019年06月21日
メルケル氏とエリザベス2世

欧州の4分の1の住民 人工知能に対する政策変更をすでに期待

© AFP 2019 / Michael Sohn
欧州
短縮 URL
0 32

2019年4月、スペインのIE大学のアナリストたちは、英国やドイツ、フランスを含めた欧州の7カ国の成人2500人に対し、人工知能(AI)に関する新しいテクノロジーに対する社会の見解についてアンケート調査を実施した。調査では、欧州住民の25%は、AIに国家運営の委任を望むほど、自国の政治に不満を感じていることが判明した。

スプートニク日本

その際、 生産への新しい技術の導入が職場の減少と失業者を生むおそれがあ ることから、性別や年齢、 出身に関わりなく3分の2の欧州住民が、 AIとの競合を不安視している。彼らは、 自国政府がテクノロジーのプロセスへ関与し、 新しい法律によってAIシステムの無条件な発展の制御を望んでい る。

IE大学の専門家たちによるアンケート調査は、 欧州社会で成立している逆説的な状況を証明した。人々は、 政府の政策への信頼を失っているが、しかし、その場合でも、 特に国家が技術進歩を管理し、 ロボットとアルゴリズムの侵略から国民を守ることを要望している。

関連ニュース

タグ
ロボット, びっくり, 人工知能, 世論調査, 調査, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント