02:44 2019年10月23日
ユンケル欧州委員長 ギリシャのユーロ圏加盟「統計偽造で実現」

ユンケル欧州委員長 ギリシャのユーロ圏加盟「統計偽造で実現」

© REUTERS / Yiannis Kourtoglou
欧州
短縮 URL
0 13
でフォローする

欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は24日までに、ギリシャによる2001年のユーロ圏加盟について、同国が当時、自国の財政赤字に関して誤ったデータをEU統計局に提供し、そのことが同国によるユーロ圏加盟への道を開いたと述べた。独ビルト紙とのインタビューで語った。

スプートニク日本

ユンケル委員長は「通貨同盟は結婚よりも信頼できるものでなければならない。さもなければ、誰も通貨同盟を信用しないだろう。まさにそれゆえ、ある国をユーロ圏に受け入れる前には、それまでよりも綿密に全ての事柄を検証する必要があるのだ。実のところ、ギリシャは2001年、統計資料の偽造後にユーロ圏加盟国になったのだ」と述べている。

さらに「私は現在まで、以下のことで自分を責め続けている。私は(1989~2009年のルクセンブルク)財務相在任中、国家が提供するデータを独立した欧州統計当局が評価することに反対していたのだ。今では我々はこれを別の方法に替えており、現在はEU統計局がEU加盟各国で全ての事柄を検証できる。欧州は、過ちから学ぶことができるのだ」とつけ加えている。

ギリシャの財政赤字レベルに関する統計データの偽造は、これより後にも新たに発覚。2010~14年の欧州債務危機を誘発した。この危機により、当時ユーロ圏は崩壊寸前にまで追い込まれた。

​関連ニュース

タグ
ギリシャ, ユンケル, 欧州連合, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント