20:44 2021年05月15日
欧州
短縮 URL
191
でフォローする

ロンドン北部の駐車場内のゴミ入れから、「秘密」の印が押され、英国政府のポートンダウン研究所と関係する書類が発見された。同研究所は、ウィルトシャー州のソールズベリー近くにあり、大量破壊兵器の製造で有名な施設。数千ページからなる書類には機密情報が収められている。5日、「デイリー・スター」紙が報じた。

4日、英国国防省は、 書類がゴミ箱から発見された経過について調査を開始した

書類には、 秘密研究所のセキュリティー対策や設備に関する情報など、 詳細なデータが収められている。また、書類には、 基地周囲を巡回している専門警察官の任務や、 簡単に書かれたコンピューターシステムに入るためのパスワードが 記載されていた。

ポートンダウン秘密研究所といえが、 英国諜報員やロシア軍参謀本部情報総局(GRU)のセルゲイ・ スクリパリ元大佐とその娘ユーリー氏の毒殺状況の調査が行われて いたまさにその場所。2018年の春、 スクリパリ元大佐とその娘がソールズベリーで毒を盛られるという 事件が発生している。 ロシア外務省では、 ポートンダウン研究所では数十年にわたって化学有毒物質を利用し た人体実験が行われていたと語っていた。特に、ガーディアン紙は 2004年、ここが数十年にわたって、死者を出したものも含む、 化学有毒物質を利用した人体実験が行われていた場所だと書いてい た。しかし、同研究所はスクリプリ氏の毒殺への関与を否定した。

関連ニュース

タグ
びっくり, 英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント