12:12 2019年10月24日

フランスでヌーディストたちがのぞき被害を訴える

© Depositphotos / alan64
欧州
短縮 URL
0 13
でフォローする

仏パリで、ヌーディストたちが、茂みの中からのぞかれているとして被害を訴えた。ガーディアン紙が報じた。

パリ北部にある公園「バンセンヌの森」では2年前にヌーディストのためのゾーンが設けられ、4月から10月にかけて開放されている。

ヌーディストエリアが設けられた時、当局は安心して利用できると約束した。だがヌーディストらは、茂みに隠れてのぞき見している人たちがいると訴えている。

ヌーディストのベルナールさんはルモンド紙のインタビューで、「のぞき魔や露出狂がおり、女性たちを困らせている... もちろん女性たちは怖がっている」と語った。またベルナールさんは、警察が時折パトロールしているが、「犯罪の現場を抑えなければ」罰するのは難しいと述べた。

なおパリ・ナチュリスト協会のローラン・ ルフト会長は、問題は誇張されているとの見方を示している。一方でルフト氏は、女性たちは別の形で状況を心配する可能性があるとし、「私が女性だったら、おそらく行かないと思うが、私の女性の友人の多くはヌーディストエリアに行きたがっている。あらゆるヌーディストエリアで、さらには普通のビーチでさえ、ビキニを着用して休んでいる女性たちは、異常な男性たちの注目を集めている」と指摘した。

フランスはナチュリストが最も多い国の一つで、470万人のヌーディストがいる。

関連ニュース

タグ
フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント