02:50 2019年10月21日
Lottery ticket

フランス人男性が当せん金1億6300万ユーロの宝くじを紛失、女性が路上で拾う 裁判所が下した結論は?

CC0
欧州
短縮 URL
160
でフォローする

仏パリの裁判所は28日、当せん金1億6300万ユーロの宝くじに関する審理を終えた。フランス人男性は当選した宝くじを紛失、その宝くじをフランス人女性が路上で拾った。男性は女性から1200万ユーロで宝くじを買い取ることになった。ル・フィガロ紙が報じた。

カルヴァドス県に住む男性は、2011年9月の宝くじ「ユーロミリオンズ」に当選したが、宝くじを紛失してしまった。その後、その宝くじを地元の女性が路上で見つけた。

男性が仏宝くじ公社(Francaise des Jeux)に当選権利の証明を提示したため、女性は当せん金を受け取ることができなかった。

結果、状況は法的に行き詰まり、仏宝くじ公社は解決策として、男性に1200万ユーロ(当せん金の7.5%)で宝くじの買い取りを提案した。

その後、裁判所が取引を承認、税務当局を除く全員が満足のいく結果となった。税務当局は、チケットを見つけた女性から400万ユーロ超を徴収する計画だった。

フランスの法律では、宝くじの当せん金には税金がかからないが、税務当局は1200万ユーロは当せん金には属さないと主張した。一方、裁判所は税務当局の主張を拒否した。

今回の当せん金額は、1200万ドルを差し引いたとしても、2012年11月に「当たった」1億7000万ユーロに次いで2番目の高額当せん。

スプートニクのサイトでは、ロトや宝くじをめぐるその他のビックリするような当選の記事をご覧いただけます。

タグ
フランス, 宝くじ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント