22:36 2019年09月19日
ジュゼッペ・コンテ首相

イタリア首相が辞任を表明

© AFP 2019 / Vincenzo Pinto
欧州
短縮 URL
0 10
でフォローする

20日、イタリアの上院議員らは、政府の危機について議論し政府運営に関してジュゼッペ・コンテ首相から報告を受けるため臨時議会を開いた。イタリアのメディアはコンテ首相が辞任を発表すると予想していたが予想は的中した。自身の演説の冒頭、コンテ首相は副首相で「同盟」党幹部のマッテオ・サルヴィーニ氏を政府の危機を引き起こしたと批判。その後、14ヶ月に渡るコンテ首相の政権は多くの成果を残したと強調した。また、演説の最後にはセルジョ・マッタレッラ大統領に辞任の意向を伝えると表明した。

コンテ首相は、「『同盟』の決定は私が自身の国家管理の経験を終了させたことを意味し、私はそうするつもりだ。議論の最後に私は大統領に辞任する事を伝える」と表明した。同氏の演説は上院議会サイトで公開された。

コンテ首相は、与党連合のパートナーの1つである「同盟」党が政府に対する信頼の問題を提起したため、彼はこのような一歩を踏み出したのだと説明した。また同氏はこの党の指導部の側からの彼に対する批判を考慮した。コンテ首相は、「これでこの政権の活動は終わりとなる」と語った。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント