18:40 2020年10月27日
欧州
短縮 URL
0 40
でフォローする

9日、英国の庶民院は欧州連合からの英国の離脱を承認する法案を最終的な確認を行った。これによりブレグジットは今月末に実施されることとなる。

ブレグジットの条件に関するEUとの取引を含む法案に対し議員330人が賛成を表明し、231人が反対の意思を示した。

今後、法案の審議は貴族院に移り、来週にも討議が開始される。ブレグジットの最終期限は1月31日に設定されており、今日行われた採決の結果、アナリストの予想通り、ボリス・ジョンソン首相には、この期間内にEUからの英国の離脱に関しては問題がなくなることとなった。

ブレグジットの後には移行がはじまり、その期間は2020年末まで続くこととなる。この期間に英国政府とEUはあらゆる分野での今後の協力体制を形成しなければならない。


英国のEU離脱

英国の欧州連合(EU)からの離脱交渉開始は、2016年6月23日 にキャメロン元保守党首相の発案で実施された「英国の欧州連合離脱是非を問う国民投票」の結果がその根拠となった。

この国民投票で投票者の51.9%がEUからの離脱、48.1%が残留を選んだ。しかし、この国民投票ではスコットランド(62%)と北アイルランド(55.8%)の多くの人々がEU残留を選んでいた。

「EU離脱」の投票結果を受け、残留を支持していたキャメロン元首相は辞任を表明。その後、英国議会はEUの離脱案について全会一致の承認ができず、採決が繰り返されたため、離脱期限は何度も延期された。

キャメロン元首相の後任、メイ前首相にもEU離脱の行き詰まりは打開できなかった。

メイ氏に代わって首相に就任したボリス・ジョンソン氏は、離脱協定の有無にかかわらず、英国はEUから離脱すべきだと主張している。

当初の予定では離脱期限は2019年3月29日だった。度重なる延期を経て、現時点では2020年1月31日に設定されている。

タグ
英国, 欧州連合, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント