15:21 2020年07月04日
欧州
短縮 URL
182
でフォローする

ルクセンブルクは2月29日、公共交通機関の運賃を廃止した。同国当局は、公共交通が全国で無料になった世界初の事例であると強調した。

このような措置により自動車道の混雑が緩和され、ルクセンブルク国内の各世帯が年間100ユーロ(約1万1906円)を節約できると見込まれている。

交通運賃廃止前のルクセンブルクでは、通勤にバスを使うのはわずか32%、電車は19%であった。例えばパリでは68.6%が通勤に公共交通を使っている。

ルクセンブルクの公共交通運賃収入は年間約4100万ユーロ(約48億円)で総予算の約8%を占めている。

ルクセンブルクの人口は61万4千人。さらに約20万人が近隣のベルギー、フランス、ドイツから毎日通勤している。

BBCニュースによるとルクセンブルクは自動車保有数で欧州1位、住民1000人あたり650台を超えている。

関連記事

タグ
欧州
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント