21:57 2020年06月05日
欧州
短縮 URL
0 35
でフォローする

スペインの国王フェリペ6世や政治家らを脅迫する書き込みをSNSに投稿していた移民が、首都マドリードで治安警察(グアルディア・シビル)に拘束された。

治安警察によると、拘束されたのは 南アフリカのギニアビサウ出身の移民(48)。この男はスペインに合法的に滞在しているが無職だという。

男はフェリペ6世、裁判官、国家情報センターの所長など、さまざまな国家機関や政治家を脅迫したり侮辱する書き込みをSNSに投稿していた。

脅迫は主にツイッターに投稿され、そこではテロ組織「ダーイシュ(イスラム国、IS)」の活動が賞賛されていたという。

この男は以前、窃盗や暴力で刑事責任を問われたことがあり、服役し、2015年に釈放されていた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント