19:11 2020年08月10日
欧州
短縮 URL
0 14
でフォローする

独の政権与党、ドイツキリスト教民主同盟は女性党員数を増やし、女性幹部職員の割り当て数を決める。国営ドイチェ・ヴェレ放送が報じた。

党内では女性幹部数の割り当てを段階的に50%まで引き上げることで合意に達している。これに従い、来年2021年1月1日までに行政管区レベルの女性幹部の割り当ては30%に達していなければならず、2年後の2023年1月1日には40%に、そのさらに2年後の2025年元旦には最終目標の50%にまで引き上げられる。

ドイツ軍
© AP Photo / Matthias Schrader
ドイチェ・ヴェレの報道によれば、現在、ドイツキリスト教民主同盟における女性党員の割合はおよそ25%。

この女性の人員割り当ては欧州議会、ドイツ議会、地元の市議会の選挙での同党の候補者リストにおいても有効。女性候補者の数が不足する場合は、一連の役職は不在のままで保留される。各行政管区のドイツキリスト教民主同盟の幹部らは、女性党員のキャリアアップにどういう措置を講じているか、定期的に報告が義務付けられる。

関連ニュース

ドイツ スカート内を撮影した写真と動画を刑法違反に

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント