09:23 2020年11月25日
欧州
短縮 URL
0 13
でフォローする

英政府は、ストーンヘンジの地下に道路トンネルを建設する計画を承認した。英紙ガーディアンが報じている。このトンネル建設には英国の古代ケルト人が始めた宗教「ドルイド教」の教徒や環境保護活動家、考古学者が反対している。

グラント・シャップス英運輸大臣は、高速道路A303に今回新たに4車線の道路トンネルをストーンヘンジの地下に建設するという22億ドル(約2300億円)の建設計画を承認した。

この計画によって、イングランド南西部の主要な幹線道路で起こる交通渋滞を回避させることができる新しい交通ルートが完成するという。

トンネル建設推進派は、これにより交通渋滞を回避できる他、高速道路利用者は、ストーンヘンジ付近を通る高速道路の一部分が地下に埋まることで、同遺跡を訪れる観光客にうんざりすることはなくなると主張している。

一方、プロジェクトの反対派は、このトンネル建設が文化遺産であるストーンヘンジに大きなダメージを及ぼす点を懸念。

考古学者らは、この建設決定を「国際的スキャンダル」と呼び、英政府が最新の考古学的研究結果のみを考慮してこの計画を承認したことに非常に驚いていると表明した。

この地下トンネルは、現在の高速道路A303のルートよりも約3キロ、ストーンヘンジから約50メートル離れた位置に建設される予定。


神秘的なストーンヘンジ

ストーンヘンジは、ウィルトシャーのソールズベリー市付近に位置する巨大な石造りの建造物。5000年前にエジプトのピラミッドとほぼ同時期に建設された。ストーンヘンジは、現代の我々にとっても、英国に侵攻した古代ローマのユリウス・カエサルの時代にそこで儀式を行っていたドルイド教の教徒にとっても神秘的な存在。

関連記事

タグ
英国, 文化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント