03:38 2021年01月26日
欧州
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

12月16日よりパリのエッフェル塔の入場が許可される。しかし、これまで通り入場制限は継続される。

同塔の領域内には10時30分から18時30分まで入場ができるが、事前にチケットを予約する必要がある。同塔の管理局は、「よりよい条件で来訪者を歓迎するためにもっとも厳しい衛生安全措置を取ることとなる」と説明した。

エッフェル塔はコロナウイルスのパンデミックから10月末にフランスの他の観光名所と一緒に閉鎖された。それまでも同塔は3月中旬から5月までの検疫期間に閉鎖されていた。

先週、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、同国はコロナウイルスの第2波のピークを越え、徐々に同ウイルスに関連した規制を解除していくと表明した。

それにも関わらず、パリやフランスの他の都市では外出禁止期間の実施が継続されている。特にストラスブール市では、数百万人の来場者が集まる伝統的なクリスマスマーケットの開催が断念された。

タグ
パリ, フランス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント