12:34 2021年04月19日
欧州
短縮 URL
0 03
でフォローする

フランス当局は、新型コロナウイルスワクチンの接種キャンペーンを12月27日に開始する。21日、同国のオリビエ・ベラン保健相が伝えた。

ベラン氏はツイッターに「日曜日(27日)に我われはフランスでワクチン接種を開始する」と投稿した

同氏は、ワクチン接種を最初に受けるのは最も脆弱な人々のグループであり、健康診断と自主的な同意が得られた場合にのみ接種が行われると指摘した。

ベラン氏によると、フランスでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いているため、依然として不安定な状況が続いている。同氏は、新型コロナウイルスの変異種がすでにフランスに入っている可能性もあるとし、変異種が見つかった英国からの入国禁止は予防措置にすぎないと強調した。

ベラン氏は「コロナウイルスの変異種がすでにフランスで広がっている可能性も十分あり得る(中略)フランス国内では今のところ見つかっていないが、フランスに変異種はないと明確に述べることはできない」と指摘した。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント