12:36 2021年01月17日
欧州
短縮 URL
0 70
でフォローする

米ネット通販大手アマゾンの従業員が、労働条件に対する不満からドイツでストライキを開始した。ヴェルディ(ドイツ統一サービス産業労働組合)が声明を発表している。

アマゾンのトップは、世界一の億万長者であるジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)。

ストライキは12月24日まで続く予定。ヴェルディによると、約1700人のスト参加者を見込んでいる。アマゾンは数十億ドルの利益を上げ続けているにもかかわらず、労働協定に基づく従業員への支払いを拒んでおり、従業員はこれに抗議するという。

ヴェルディはアマゾンの従業員が重労働を強いられており、パンデミックでスタッフの健康に悪影響を及ぼす恐れがあると指摘している。アマゾンの従業員は賃上げを要求しているが、同企業の広報担当者は給料はまともに支払われていると発表している。

同組合は、アマゾンが組合活動家を弾圧するために使っているとされるスパイ戦術について懸念しているという。

スプートニクは先日、世界の大富豪であるアマゾンのジェフ・ベゾスCEOが、2020年に自分の資産を675億ドル(約6兆9800億円)増やし、その総額は1820億ドル(約18兆8200億円)に達したと報じている。

関連記事

タグ
Amazon
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント