21:57 2021年01月16日
欧州
短縮 URL
0 20
でフォローする

イタリアのカラブリア州の都市ラメーツィア・テルメでマフィア組織「ンドランゲタ」のメンバーに対する裁判が開始された。この裁判は規模としてはこの30年で最大となる。サイト「ローカル」が報じた。

被告席には容疑者のマフィアメンバー355人、また、彼らと共謀したとされる役人や企業家、弁護士などが揃えられた。予備審問の際、容疑者名簿の列挙だけで3時間が費やされた。

事件の被告は90年代の一連の犯罪への関与で起訴されている。リストにはマネーロンダリングと強盗の他に、殺人や麻薬密売、職権乱用などが含まれる。

同紙の報道によれば、裁判は特別に保護された建物で実施される。

900人を超える証人審問が予定され、その中には元マフィアメンバー58人が含まれる。また、鑑定のため大量の書類や資料の分析が必要となる。

BBCによれば、大規模な審査はイタリアで1986年から1987年に行われた裁判と比較され、この時はシチリアの「コーサ・ノストラ」のメンバー338人に有罪が言い渡されている。

関連記事

タグ
イタリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント