17:16 2021年06月16日
欧州
短縮 URL
0 33
でフォローする

米国の戦略爆撃機B-1Bランサーは欧州で合同演習を行うためノルウェーに到着した。同国を訪れるのは初となる。米空軍欧州・アフリカ司令部が発表した。

欧州のネットメディアではこれより前、米空軍が2月に戦略爆撃機B-1Bランサー4機をノルウェーに派遣する予定について報じられていた。

B1B爆撃機
© REUTERS / Staff Sgt. Steve Thurow/U.S. Air Force
ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、ノルウェーがトロンハイム近くの空軍基地に米国戦略爆撃機を配備する意向を、当地域における軍事拡大の第一歩とロシアは捉えていると語った。

米空軍司令部によると、テキサス・ダイス空軍基地第7飛行隊の爆撃機B-1Bランサーは22日にノルウェーのトロンデラーグ県アーランド空軍基地に到着。「以前より計画されていた演習」と欧州飛行を行うという。

昨年10月、米国が3年ぶりに日本に戦略爆撃機B-1Bランサーを派遣したことが報道された

タグ
米国, ノルウェー, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント