03:16 2021年08月06日
欧州
短縮 URL
0 03
でフォローする

ドイツの銀行部門と重要インフラが大規模なサイバー攻撃を受けた。欧米諜報機関の独自の情報筋を引用し、ビルド紙が報じた。

報道によれば、攻撃は「この数日間」で実行され、その黒幕はおそらくハッカー集団「Fancy Bear」と見られる。同紙は、ドイツの情報技術に関する安全保障機関がサイバー攻撃を受けたと報じた。

ビルド紙によれば、欧米諜報機関は、この攻撃を「ロシアに関連した制裁政策への報復」と見ており、また、「ベラルーシとアレクサンドル・ルカシェンコ大統領に対する厳しい制裁を防止しようというロシアの試み」ととらえている。

ドイツの情報技術の安全保障に関する連邦機関は国家が関与した同国の重要インフラに対するサイバー攻撃を確認していない。30日、テレビ局「N-TV」が報じた。

関連ニュース

タグ
ハッカー, ドイツ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント