19:52 2021年08月01日
欧州
短縮 URL
0 11
でフォローする

人工心臓はドナーがなくても心臓移植を可能にする。イタリアのナポリの病院が初の人工心臓の移植手術に成功した。その詳細がプレスリリースで明らかにされた。

手術は7月19日、ナポリの病院で心臓外科医のチーロ・マイエッロ医師の指導の元に行われた。この手術は商業目的で仏Carmat社の人工心臓Aesonを移植した最初の例となった。

人工心臓には4つの室、2つの小型ポンプ、2つの排気管、4つの弁があり、いずれも角のある大型動物の組織から作られている。

人工心臓は体外の電源で動作する。患者は重さ4キロの装置を携行しなければならず、その中のバッテリーは4時間ごとに充電の必要がある。

​人工心臓AesonはEU圏内での販売許可を2020年12月に取得した。イタリア人の患者の場合、手術費は15万ユーロ(1951万円)かかった。

関連ニュース

タグ
イタリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント