09:11 2021年10月18日
欧州
短縮 URL
0 01
でフォローする

オランダ司法は、国内の複数の美術館からゴッホ、フランス・ハンスの絵画の盗んだことを認めた窃盗犯に懲役8年と900万ユーロ(11億6800万円)の罰金を命じる判決を下した。ドイチェ・ニュースが報じた。

窃盗犯にはこの他に、ハルスの絵画の賠償金のうち、保険会社がカバーできなかった1600万ユーロ(20億7600万円)分の支払いも命じられた。

裁判では窃盗犯ニルス・M(59)が、国の文化遺産の一部を盗み、「何百年もの喜び」を奪ったという判決文が読み上げられた

​ニルス・Mは2020年にゴッホの初期の作品『春のヌエネンの牧師館の庭』とハンスの『ふたりの笑う若者』(1626-1627)の2点を盗んでいる。なお2点ともいまだに発見されていない。

関連ニュース

タグ
オランダ, 裁判所
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント