09:12 2019年02月20日
テネル選手紀平選手

フィギュア「四大陸」女子SP 米国テネルが首位 紀平は5位【動画】

© AP Photo / Chris Carlson © AP Photo / Chris Carlson
1 / 2
フィギュア特集
短縮 URL
0 01

米国アナハイムで開催の四大陸選手権、女子ショートプログラムは米国のブレイディ・テネル選手が91点で首位を占めた。2位は坂本花織が73.36点で、3位には米国のマライア・ベルが70.02点でつけている。紀平梨花選手は68.85点で5位。

スプートニク日本

三原麻衣選手は65.15点で8位。

テネルは昨シーズン、全米選手権でチャンピオンに、今シーズンは銀メダルを獲得していた。

今シーズンのグランプリファイナルで優勝の紀平梨花選手は、四大陸選手権開始前のトレーニング中に手の指を負傷していた。

四大陸選手権は欧州を除く、全世界の国、地域の選手らが参加して行われる大会。

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

関連ニュース

フィギュア「四大陸選手権」男子SP 米国ジョウ選手が首位【動画】

タグ
スポーツ, フィギュアスケート, 紀平梨花, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント